【世界一周】予防接種に必要な費用まとめ!

f:id:yusukeyamada:20160106172846j:plain
インドで体調不良により人生初点滴

こんにちは、山田 (@yusukeyamada_)です。

長期で海外滞在する時は、予防接種を受けることは欠かせない準備です。なにが起こるかわからないし、予防しないことで、最悪死に至る。予防接種は決して安くないけど、命にくらべれば安い。今回は僕が受けた予防接種の料金と場所について、まとめてみました。

 

 

受けた場所

まず場所ですが、東京・三軒茶屋にある「ふたばクリニック」で受けました。このクリニックは、世界一周にいく人の間では有名で、ブログでも多く紹介されています。当時ネットで調べた時は一番安かったので、ここで受けてきました。

 

アクセス・病院情報

 ふたばクリニックについて  住所:〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
アクセス:東急田園都市線・三軒茶屋駅から徒歩5分
TEL:03-3410-2700
ホームページはこちら

 

予防接種と各料金

予防接種の料金については以下の画像でまとめてありますが、僕が受けた予防接種の種類をすこし書いておきます。

僕が受けた予防接種の種類は、「A型肝炎」「狂犬病」「破傷風」「日本脳炎」です。南米やアフリカの一部地域で必要な「黄熱病」の予防接種は受けていません。また当初受けようとしていた「腸チフス」は、医師と相談のうえで受けないことにしました。

ちなにに黄熱病と腸チフスの予防接種は1万円前後で受けれます。

 メモ A型肝炎:食べ物から感染する病気で、アジア、アフリカ、中南米に広く存在。途上国に中・長期(1か月以上)滞在する人におすすめ。
狂犬病発病すればほぼ100%が死亡する病気。海外では、オセアニアなど一部を除きイヌだけでなくキツネ、アライグマ、コウモリなどの動物に咬まれることによって感染する危険性が高く、長期滞在におすすめ。
破傷風破傷風は傷口から感染するので、冒険旅行などで怪我をする可能性の高い人におすすめするワクチン。特に、途上国では、けがをしやすく、命に関わることもあるので、接種を検討してください。
日本脳炎:日本脳炎ウイルスを保有する蚊に刺されることによって起こる重篤な急性脳炎で、死亡率が高く、後遺症を残すことも多い病気。流行地(東アジア、南アジア、東南アジア)へ行く人におすすめするワクチン。
詳しくはFORTHで確認してください

 

f:id:yusukeyamada:20160106145721j:plain予防接種の各料金を、予防接種証明書にまとめた

 

注意点

当時、ふたばクリニックにいった際、「ネットで調べていた料金より高かった」という経験があります。情報が古い場合、料金変更などあるので、注意が必要です。ブログやネットで調べる場合・旅行ガイドで調べる場合、どちらにせよ、必ず最新の情報を調べましょう。また、病院やクリニックのHPを確認することも、とても重要です。

参照:予防接種のご案内 | ふたばクリニック

 

クリニックの料金変更

ふたばクリニックでは、昨年にくらべて料金変更があったみたいなので、参考程度に。 

・A型肝炎 ー ¥9,000 → ¥7,000
・狂犬病 ー ¥7,000  → ¥7,3000
・破傷風 ー ¥2,500 → ¥2,800
・日本脳炎 ー¥5,000 → ¥5,000
(※2014年・10月 → 2015年・12月時点)
f:id:yusukeyamada:20151102205710p:plain

参照:診察料金・予防接種料金 | ふたばクリニック

 

最後に

僕の予防接種・料金は合計37,500円でした。世界一周にいく人は上記に加えて、黄熱病・腸チフスを追加したりしますが、この2つを追加すると、6万円前後になります。もう一度くり返しますが、必ず最新の情報を調べましょう。記載された情報の日にちを、忘れずにチェックしてください。また、海外旅行のためのワクチンについては、「FORTH」などでよーく調べてください。

余談ですが、世界一周する人が多くいくせいか、ふたばクリニックの医師はとても慣れた様子で進めてくれました!

わからないことがあれば、Twitterにでもご連絡ください。

それではまたー!

なにか参考になれば、幸いです。

www.yusukeyamada.com

広告を非表示にする